アミノ酸と美容の関係

アミノ酸と美容の関係

健康面に対する効果が期待できるとされているアミノ酸。
実はいつまでも美しくありたいと思う女性にとって、とても重要な働きがあるのです。

 

美容効果があることで有名なのはコラーゲンですが、
そのコラーゲンはアミノ酸からできていることは知っていますか?

 

コラーゲンを作り出すために必要なアミノ酸は「アルギニン」や「プロリン」になります。

 

色々な種類のアミノ酸が体内に取り入れられ、
その中のアルギニンやプロリンが原料となって、コラーゲンが作られていきます。

 

いつまでもみずみずしい肌を保つためには
コラーゲンの生成が活発であることが条件となります。

 

私たちの身体は、20歳代後半以降になると、
コラーゲンを生成する力が減少していきます。

 

それにより、お肌の老化が進んでいきます。

 

このような状態で、今まで通りの生活をしていては、
お肌の潤いもみるみるうちに失われていきます。

 

コラーゲンの原料である「アルギニン」や「プロリン」などの
アミノ酸を積極的に摂取していくことが必要になってきます。

 

美容面で気になることとして「紫外線」も気になるところです。

 

お肌が紫外線を受けることによって、
メラニンが沈着してシミやソバカスとなってしまいます。

 

それに効果があるのが「システイン」というアミノ酸です。

 

システインには、お肌が紫外線から受ける影響を防ぐと同時に
色素沈着も防いでくれます。

 

紫外線量の多くなる季節には、積極的にアミノ酸を摂取したいですね。