必須アミノ酸とは

必須アミノ酸とは

健康を気にしている方なら「必須アミノ酸」が
私たちの身体に大切であるということは知っていると思います。

 

必須アミノ酸とは、私たちが身体の中で作ることができないアミノ酸で、
9種類あるんです。

 

そのため、食事から摂取する必要があります。
必須アミノ酸の種類と役割、摂取方法をご紹介していきます。

 

■イソロイシン

 

筋肉の強化、肝機能の向上などの効果がある成分になります。
牛肉、鶏肉、チーズなどの多く含まれます。

 

■リジン

 

私たちの身体の様々な組織を修復してくれるという重要な働きがあります。
魚介類に多く含まれている成分です。

 

■フェニルアラニン

 

鎮痛作用、抗うつ作用があることで有名です。
リジン同様、魚介類に多く含まれています。

 

■ロイシン

 

肝機能を向上させる働きを持っています。
レバー、チーズ、牛乳などに多く含まれています。

 

■レオニン

 

肝脂肪を働きがあり、卵に含まる成分です。

 

■トリプトファン

 

安眠作用、精神安定作用があります。
大豆、牛乳、チーズ、バナナなどの食品に多く含まれます。

 

■ヒスチジン

 

このアミノ酸の特徴は、大人は体内で作ることができます。
しかしながら、子供の場合体内で作ることができないのです。

 

鶏肉やチーズなどに含まれる成分で、
子供が成長する過程では積極的な摂取が必要とされています。

 

■メチオニン

 

牛乳、牛肉、レバーなどに含まれています。
ヒスタミンの濃度を下げる働きを持っています。

 

■バリン

 

成長促進、筋肉強化などの働きがあります。
鶏肉やチーズに含まれる成分です。